So-net無料ブログ作成

続・まさかの急性膵炎 [急性膵炎]

この時点で救急ドクターから、当直でいらした
K先生の部下(外科医)先生にバトンタッチ。
(既往歴も考慮しつつ、
初期なので外科病棟でも対応できる処置だからと)

入院…は、若干予想はついていたけれど
そのまま強制収容になるとは、まさに青天の霹靂!
そして入院決定で真っ先に浮かんだのが…
ヤバイ、仕事どうしよう………(;´Д`)………ヤバすぎる。

着のみ着のままも不便とは思ったけれど、
とにかく仕事道具を持ってきて、なんとかしなければ。
膵炎ヤバイよりも、仕事ヤバイしか頭になく。

私「家に荷物(仕事道具)取りに帰りたい」
先生「いやいや…無理ですね」
私「タヒぬでって感じ?」
先生「ですね。膵炎、怖いから。緊急入院で一週間くらい
   いる人もいるけど、なんとかなってますから大丈夫」
私「 (T_T) (いや、身の回り品の問題じゃないし…)」

急性膵炎は48時間以内の適切な治療が大切なのねんと後で知ったわけだけど。

緊急入院で動転した私は、
金曜夜21時すぎに、さらにおバカな質問を続けます。
私「先生、火曜に仕事いっていいですか?」
先生「いや、無理ですね」
私「 (T_T) 」
なんの仕事かと聞かれ答えつつ、おそらく部下先生は
バカなの?ねぇ、きみバカなの?って思ってたと思う。

急なできごとで思考回路はショート、
己がおかれた状況を把握しきれず斜め上のことをずっと考えてた。
患者はそんなもんです。たとえそれが己で招いた事態だったとしても。

K先生だったらそんなバカ患者にも寄り添ってくれるのに…。ふっ。
と、密かに心の中でディスってごめんなさい。部下先生。

友だちに荷物取りに行ってもらうしかないなと思いつつ
翌朝、痛みも半分くらいに治まってほっとしたところにK先生登場。
ケガの功名?棚からぼた餅?いやいやいやいや。
こんな状況でもお会いできてラッキー!と、
瞬時に癒されまくるだめだめな私。

部下先生がK先生に一時帰宅の話をしてくれて、
K先生「家、近かったよね。痛みも治まってきてるみたいだし、
短時間なら点滴止めて帰ってきていいよ」
と、ぁあ、さすがK先生。臨機応変!

翌日、尿道カテーテルを抜いてもらい3時間ほど帰宅。
点滴のとこをサランラップで巻き巻きしてシャワーも完了。
(余談だけど今回は4日も点滴針さしっぱなしだったけど大丈夫だった!)

無事、身の回り品とともに仕事道具を持ってきてことなきを得る。
いや、クライアントほか関係者に迷惑かけたんだけどね…。
残りの数日間は、ひたすら仕事してたよ。患者とは思えないくらいに。
私だってゆっくりしたかったんだよ。(遠い目)

次回、膵炎食や入院日記につづく


点滴は二刀流&タコ足配線。
二刀流.jpg

まるでホテルでお仕事してるかのようなビュー。
IMG_6265.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。