So-net無料ブログ作成

まさかの急性膵炎 [急性膵炎]

3ヶ月前は元気だったけど、
健康を過信するってダメダメですね。
(いや、それ以前に普通のからだじゃないのに)
9/22〜30まで、緊急入院してました。※長文です

9月に入って打ち合わせ三昧&徹夜続きで疲労困憊。
なのに徹夜明けのへろへろのまま、よせばいいのに久しぶりに暴飲暴食。
膵炎一週間前の話なんだけど、今思えばきっとこれがトリガー。
3日前にも軽く飲んでるけど別になんともなかったし。

22日の朝、起きたら
胃やお腹にガスがたまった感じ+胃痛で起き上がれず。
前日まで予兆すらなかったのに…
ぁあ、いつもの機能性ディスペプシア(FD)かと
湯たんぽを抱きしめつつ、
残ってた漢方薬や胃腸薬を飲むもお昼になっても治らない。
それでも(FD)を疑わず。

寝ても立っても座っても胃が痛いなんてはじめてで、
しかも相変わらずガスがたまった感も満タン。
ガスがーと腰をとんとんしたら左側に鈍い痛みがあったけど
背中の鈍痛って術後デフォだったのであれ?とも疑うことなく…。

今思えばなこと多いけど、みぞおち&左背中の痛みって膵臓どんぴしゃ…。

さすがに痛すぎるし仕事に差し支えるので
15時30分ごろ意を決して、いつものご近所クリニックへ。
歩くたびに胃に響く痛み…に耐えながら。
それでもやっぱり(FD)を…(ry

きっといつもの(FD)(苦笑)かもと症状を訴えると先生は、
胃腸風邪が流行りだしたのでそっちかもねと。
昨日、一昨日の食生活を聞かれつつ
普通に家食だし、生もの食べてないしで。???

とにかく痛いんですと半泣き。
触診でみぞおちを軽く押されただけでおうっふな激痛。
みぞおちがぽっこり膨らんでるなとは思ってた。ガスのせいだと…。

なにごとも丁寧でわかりやすく説明してくれる先生で、
町医者なのに院内にエコーや内視鏡設備あり、
血液検査も自院でできる状況が安心というのが前提。

とにかく点滴しながら即採血することに。
(この時点で先生は細菌性の胃腸炎、私は(FD)の予定。w)

膵炎の痛みってもっとひどいらしいんだけど、
私は自分で歩いて、痛いながらも普通に座って受け答えもできてたから
まさか膵炎だなんて思いもよらなかったんだろうな。私もだけど。

で、10分後くらいかな?先生がとても残念な顔して点滴中の私のもとへ登場。
先生「myuさん、急性膵炎ですね。アミラーゼが1500超えてる…」
私「えぇぇぇぇぇ。そんなに!私、いつも40台なのに…」
先生「ですよね、うちでの2ヶ月前の採血もその前もそうでしたし」
先生「で、お酒飲みましたか?」
私「3日前に2合飲みました(T_T)」
先生「なぜ昨日は飲まなかったの?しんどかったから?」
私「仕事が忙しくって飲みに行ってない…(なぜってなに???)」

術後の不具合をのぞくと
そうだよね、私もだけど膵炎って毎日飲んだくれる人がなるものだと思ってました。
ここ2年近くは、血糖値以外はあまりにも美しい数値に調子のって
週に2回ほど、飲んだくれてたのは事実ですが。

膵臓がむくんで、しかもわずかに水がたまってると。
ただCRPが0.1以下、炎症反応でる前で本当に初期だったみたい。
よくこの段階で来ましたね!と褒めて?もらいました。w
1万台のひととかざらに見てますからねーと不思議な慰めもありつつ。
たぶん軽くても2〜3日は確実に入院だろうし
膵臓手術した病院のほうがいいねと、すぐにK病院に手配してくれて
クリニックで追加エコーとってなんやかんやで、いい時間。

自力でいけますか?と聞かれ、ひとりさくさくタクシーでK病院救急へ。
どこまで強いの私。この時点で19時すぎ。

K病院では待機ドクターにやっぱり「お酒飲みましたか?」ってきかれ
私「3日前に2合飲みました(T_T)」と。
なんなら、え?それだけ?って空気が漂ったような、ないような。

そして無事、着のみ着のままに緊急入院の刑となりました。

つづく


スカーレットとともに
点滴につながれた懐かしい風景。苦笑
点滴.jpg
nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 8

くちかずこ

読み進むにつれて思い出されたくちこの去年の八月・・・(2016/8/27)
masamikeitasblog.goo.ne.jp/kazukomtng/e/73022b4dc418806ed943ef0063c021d8
まさか・・・これも・・・そうだった???
でも、その後の検診時に医長にこの記事見せても微妙な返事だったし。
軽く何かやって、どうにか自力で脱出したイメージです。
そちらも、早期で良かったね。
手遅れだと死んじゃうもんね。
でもさ、お互い、のど元過ぎると・・・だよね。
くちこも、船旅の食べ過ぎ飲み過ぎが怖いです。
医長は、悪くなったらダイレクトに消化器外科を受診するように言っていましたが、掛かり付けの開業医作ろうと真剣に考えています。
だから、先ず、捨て石にサメ氏を放り込んで、観察しているところです。
by くちかずこ (2017-10-07 10:09) 

つぼみ

大変だったんですね(ノД`)
退院して1週間経っているということは、もう通常生活に戻っていることと思います。
私もある年齢を超えてから、暴飲暴食をすると3日は引きずるし、睡眠不足が続くとグラグラするし、無理がきかなくなりました(/_;)
myuちゃんはまだまだ若いけど、無理しちゃダメですよ~!お肌の曲がり角のように体力の落とし穴があるので気をつけてね(^^;)
by つぼみ (2017-10-07 20:32) 

amyu

くちこさん
背部痛つきは、もしかすると?!?!という気もしますね。怖
膵炎、胆管炎、腹膜炎、腸閉塞…手術したからだには
少なくともこのあたりは気をつけたほうがよいのでしょうか。
いずれにしても、無理と無茶は禁物ということで。
術後の初心にかえります。
くちこさんは、船旅を満喫しつつトラップに気をつけてくださいね。

気軽に行ける、近所の開業医は必要かなと。
私の場合は内科的な不調なのに多忙な主治医=外科医に
診てもらうのが申し訳なく思ったのがきっかけでしたが、
たまたま設備が整ってて先生が丁寧だったのが正解でした!
(設備は大切かも。血液検査ひとつにしても外注してると
結果は数日後なので、せっかく初期で受診しても見逃されそう)

旦那さまを人身御供に(笑)、よいドクターが見つかるといいですね。
by amyu (2017-10-08 09:39) 

amyu

つぼみさん
はい、おかげさまで普通な毎日です。
食事で脂質制限してるくらい。
でも、ほんとに急にきたのでびっくりしました。

私も、もう若くないと自覚はしてるのですが(^^;)。
40超えたらがたっときました。
同じく無理のきかないお年頃です。
今回は、疲労とストレスと寝不足に、
暴飲暴食をかぶせた結果かなと自己診断。一番あかんやつ。

体力的なことだけでなく、家族の立場での心労もあるかと思います。
つぼみさんもご自愛くださいね。
by amyu (2017-10-08 09:53) 

K-0POPPER

色んな意味でらしさが溢れておりますがとにかくお大事になさりまくって下さいませ
こちらは寿命も魂も削って遊んでます通常運転

それではまた。
by K-0POPPER (2017-10-12 01:15) 

amyu

K-0POPPERさん
いろんな意味で。
お褒め?と、お気遣いありがとうございます。

やりきった感も満タンなので、次の生き方模索します!
POPPERさんもご武運もお祈りしてます。(なんの?

ではでは。


by amyu (2017-10-12 15:10) 

はやママ

久しぶりの更新だと思ったらタイトルビックリでした!!( ; ロ)゚ ゚
その後は大丈夫ですか?

私は膵炎、メチャクチャ痛いけど、失神手前で痛さが治まるんですよねー…。だからいつも病院行くのが遅れる(笑)

なんにしてもmyuさん無事に退院出来て良かったです。
お大事にしてください
by はやママ (2017-10-12 21:17) 

amyu

はやママさん
はい、ほんとびっくりしました。
自業自得な不甲斐なさも感じつつ(T_T)。

背中にはりついたような不快感と、たまの痛み以外は無事!
昨日は朝から退院後はじめて
みぞおちがちくちくしてびびったので
プチ絶食したら痛みはなくなりほっ。

失神寸前で治まるって!!!それ痛すぎでマヒですよね。
私もかなり痛いと思いましたが、
本当の膵炎の痛みはやはり…そこまで痛いんですね…。

ひさしぶりに膵臓をいたわるということに
意識を向けることができたので、よいお灸に。
ある意味よかったかなとも。苦笑

季節の変わり目、
はやママさんもご自愛くださいね。
by amyu (2017-10-14 15:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。