So-net無料ブログ作成
検索選択

アルコホリック [食事]

なにかの治療薬ではございません。
中毒でもございませんが…
そう、アルコール=お酒。

膵頭十二指腸をうけるにあたり
もうお酒を飲めなくなるかもしれないと
ぐりぐり検索しまくっていた…
あれは確か2年ほど前。(遠い目)

術後5ヶ月ぐらいで少量ならと
お酒解禁となり
おそるおそる、ちびりちびり。

あるいは同じ手術をされかた方の酒量に
「飲ーみーすーぎーでーはーーー???」と
びっくりしていたのも記憶に新しい。

そして現在、あえてカウントするならば術後約1年6ヶ月。

もはや。酒量は術前の量にまで回復。
ビールはあまり好きではないので
焼酎日本酒ワインを中心に。
最初は3杯も飲んじゃったぜぃとびびってたら
気づけば5杯の日もあり、
はては10杯以上も飲んじゃったり。
ワインボトルひとり1本あいてるやーんとか。(>_<)

もちろん昔のように毎日ではなく
2〜3週間に一回やらかす感じではあるけれど。

それにより体調が悪くなることもなく…。
いちおうは飲み過ぎたら
翌日からひたすらノンアルコール。

ずいぶん前に1度だけ肝機能が少しあがった程度で
いまは正常値というかむしろ低め。
アミラーゼは術前からだけど相変わらずの低空飛行。

内臓機能的にどうなのかしらと思いつつ。
酒飲み仲間が多いと…ラビリンスぐるぐる

切除しても、ある程度の機能は回復するのかしら。
人間ってすごい!(過信)

過食まつり [食事]

まさに現在、そんな状況。

食事量がすっかり元に戻ったのはたしか9月ごろ。
(術後8ヵ月目前後)
それでも2〜3日きっちり食事をとるとお腹いっぱい。
その翌日はほとんど食事ができなくなり、
擬似的に53〜4kgあたりまで増えても
結局は51kg台に落ち着く日々を11月まで継続。

12月にはいると、
もうすこしきちんと食べる期間が長くなり
最大瞬間体重56kg!マークしたことも。
やっとこさの体重平均52kg台をキープ。

1月にはいってからは、もはや食欲が止まらない。
というか、食べ出したら止まらない。
ミューズリーやドライフルーツ、ナッツ、チーズを基本に
たまにアイスとミスドとかっぱえびせんとか。
糖質まつりもはさみつつ。(深夜2時ごろまで)

そんなこんなで朝起きてもおなかいっぱいで
夜まで食べられない日もありながら…。
現在、過食まつりにより瞬間最大体重は56kg。
だいたい53kg〜54kgをキープ中ヽ(´ー`)ノ。

って、喜んでいるけれど…この調子でいくと…(;¬_¬)やう゛ぁいよね。

私の血糖値、いま、どうなってるのかしら。。。
膵臓くんは元気でいるのかしら。。。

酔うほどにナーバス [食事]

術後1年記念を前にして
昨年のいろんな想いが走馬燈のようにぐるぐると。ぐるぐると。

1年前は、もう2度とこんな楽しい時間を過ごせないんだと
酔いも手伝って、深夜に泣きながら家に帰ってたなぁ。

誰にも泣き言をいわず、できるだけ誰の前でも泣かずに。
これは昔からそうだったので性格なのだけど。

そういえばあれ以来、そんなふうに泣いてなかったけれど
ひさしぶりに酔うほどにナーバスに。
飲んだのね。はい、飲んだのです。酔うまで飲んじゃぁいけないのに。

免許とりたての時は失敗しながらも慎重になるけれど、
ようやく慣れた1年後あたりに事故を起こしちゃう。みたいな。

このからだにもだいぶ慣れて、
ごはんもぱくぱく食べられるようになったのをいいことに…
うっかり…飲みすぎました。酔うのが楽しくて。1週間のうちに3度ほど。
もとがなまじ飲めるくちだから、3度目には飲酒量も大きくアップ。(;´Д`)

半年前なんてコップ半分で頭が痛くなっていたはずなのに
なにごともなかったかのように
気のおけない友人とわいわい、ぐびぐび。

忍者が修行でタネをまき、毎日その上を飛びこえていると
タネの成長に合わせていつのまにか大きく飛べるようになってた。みたいな。


笑顔でいるまいにちも疲れる。
毎日まいにち、胆管由来のどこかが痛いのもストレス
食後に背中が痛いのは慣れてきたのか
ずいぶんマシになった気もするけれどやはりストレス。
よくわからない痛みの不安もストレス。

たかだか一年やそこらのひよっこシマウマなのに。
はやくもこのていたらく。

でも泣くってストレス解消によいんだった。
笑顔だけでなく、たまには声をだして泣くことも必要。
忘れてた。ポジティブだけがすべてではないことを。

ライフ・イズ・ビューティフルでも観ようかな。

あ、あと禁酒宣言。(`・ω・´)ゝ

備忘録:おなかにくるもの [食事]

2/6オペのち今日でだいたい五ヶ月経過。

相変わらず食べると背中が痛いのと
ささったまんまのチューブが
咳やあくび、寝るときに体勢をかえるさいに
肋骨あたりに響いて痛いのと
しんどい日が多くてぐぅぐぅ寝ている以外は
食事量もそこそこに回復して、日常はほぼもとどおり。にんまり。
(結構痛いように見えるけど、術後のように継続的な強い痛みではないのでへいき)

そして食事量も食べられるものもふえると
あれこれチャレンジしたくなるのよホモサピエンス。

現段階で、おなかにくるのでまだ控えたほうがよいと判断したのは。

1位:揚げ物
(衣の分厚いのは油をたっぷりすっててNG 基本ははがして。1/3ぐらいなら衣はOK)

2位:ファーストフードのポテトフライ
(それ以外のお店のは大丈夫だった。いや、単純に量の問題かも。Mサイズは食べ過ぎ)

3位:ナッツ類
(糖質オフを考えてのおやつだけど、脂質はくる。そして消化が悪いのでつぶつぶが…)

4位:牛乳
(せいぜい150mlまで。コップ一杯ゴクゴクのんだらアウト。最近は豆乳にしてる)

5位:ポテチ系
(一回きりだけど、一袋ぜんぶがまずかったのか。かっ☆え☆せんは大丈夫なのに)

6位:焼き肉
(ロースやハラミを6切れほどで。家ごはんでもも肉は大丈夫だった。要は脂ね、脂)

7位:スイーツ
(少量だと問題ないけど、人並みはNG…それ以前に血糖値あがるからあかんやん!)

大きくはこんな感じ。

こないだお好み焼きを食べたら翌日おなかにきたけど、
それがお好み焼きのせいか帰って食べたナッツのせいかは不明。
ナッツは少量でもきます。

チーズ類は意外と大丈夫だし、パスタもへいき。
イタリアンなタパスもそこそこいける。
オリーブオイルは大丈夫なのかしら。量の問題かしら。
天ぷらはまだ怖くて試していない。
あるこほるは怖いといいつつ、お試しの域はすでに超えた感じ。w


そんなこんなで食べ物だけでなくお出かけもアグレッシブに。

先日は、京都で関西のNET仲間の患者会があり
お友だちに誘ってもらい初出席。
ブログを通じて
共有・共感できる仲間の存在って心強いとずっと感じていたけれど
リアルにお会いするのもまた楽しくてためになるを実感。
会のあとは自由参加でカフェにながれて談笑、歓談。
初めて会う方ばかりなのにNETという共通項があるから
話がはずむ、はずむ。(カッコ)でくくればみな同じなのです。
罹患したことで、またひとつ新しい体験ができたのでトクした気分。
次は10月27日(日)だそうです。次もアイさんと一緒に!
リアルにお会いできる人が増えると嬉しいなぁ。

私がチューブ抜去で再入院の期間にあたらないことを祈りつつ。なむなむ。


そして明日は友人の結婚式。
披露宴って、あんなお料理やこんなお料理がでるのよね。
ちょっとどきどき。
おなかにくるを前提にいただいてこようと思います。まる。

まけないわよ!
_1100514.jpg

いえいえ、メインはお祝いする気持ちです。

まんじゅうこわい [食事]

ああこわい、こわい。美味しすぎてこわい。
こわいから全部たべて退治しなくては…とかなんとか。
落語の『まんじゅうこわい』よろしく…
なんだかんだと、ちびりちびりとお酒を飲んでいる。

5/24を皮切りに今日までに飲んだのはこんな感じ

焼酎水割り1杯、
純米酒おちょこ1.5杯、
スパークリングワインカクテル1杯&白ワインひと口、
ハイボール1杯、
キティー1杯
ハイボール1杯
純米生酒コップ1杯

炭酸もへいきになったので
ノンアルコールビールだけの日やウーロン茶だけの日もあるけれど、
いちおう度数も気にしながら、お水もがぶがぶ飲みながら。
1〜3時間かけてる…とはいえ、
週に2杯のペース(。-_-。)やっぱり飲んでるよなぁ。

しびれたのは初日だけ、
次のときはちょいしびれた気もするけど、
あれはなにかの間違いかもと思いながらもちびり、ちびり。

飲んだら違和感がでるような気もするけれど、
これは普段の食事のときもあるし。
しいていえば帰宅途中から頭が痛くなるくらいかな。
明け方まで飲みあるいて焼酎&ウォッカを
がぶ飲みしていた日はもはや遠い日の花火。

それでも…自制できない日がきそうでこわい。
先生に怒られるぐらいがいいのかも…。どこまでも他力本願。


_1100392.JPG
ちなみに昨夜は蛍を見にとある酒蔵の特設スペースへ。
会場が酒蔵^^;というのがポイント
左上のコップの中身は純米生酒。

でもこれだけの量をぺろっと食べられるのは快挙!
(プラスでトマト1個、鮎の塩焼きも食べた)
人と食べると食が進むのはよいけど、お酒も進む。

…ああこわい、こわい。

最期の晩餐 [食事]

と、称して術前はフレンチや薬膳、懐石料理などなど。
術後、とうぶん食べられなくなることを想定して
普段(でも)食べないような贅沢な晩餐はしご。
もちろんお酒もゴクゴク。
膵臓…とはいえ、お酒や食生活由来の病気ではないという言い訳のもと。
何回、最期があんねん!と自らつっこみを入れながら。

_1080948.JPG

そんなこんなな
食いしん坊&酒飲み体質ゆえ、食事のことが最大の心配ごと。
術前にナーバスな気持ちになったのは決まって
「もう、こんな楽しい美味しい場には集えないかも」なときだった気が。


現在、術後約4ヶ月。
1ヶ月ほど前から、NG食もあれこれ食べるようになり
先日はフライにも挑戦。少しおなかにゆるっときたけれど。

イカやタコ、海草類などはできるだけ小さく刻んで食べる。
キノコ類も最初はそうしていたけれど今や咀嚼で乗り切る感じ。

私が思っていたよりも早い段階で食事の種類は元に戻ってきたかしら。
あとは量や背面痛、おなかの具合との相談だけれども。
体重もさらに減っているので課題は盛りだくさん。


先日、ずっと怖くて聞けなかったことをK先生に質問。
ダメとはいわない先生であることを小耳には挟んでいたけれど。

わたし「(おそるおそる)先生、お酒って飲んでいいんですか?」
K先生「飲んでいいかと聞かれると、私はダメとはいいません」
わたし「(;´Д`)」
K先生「それで食欲が増して、ごはんが美味しく食べられるなら。
    病院食にもそんな(食欲増進)メニューがあって、赤ワインがでるところもあるんですよ」
わたし「ヽ(´ー`)ノ」
K先生「ただし酔っぱらわない程度に、少しだけね。膵臓を切っていますから」
わたし「(`・ω・´)ゞ」
K先生「少しでも酔うからね」

と、ものすごーく消極的な(私としては)飲んでOKをいただけニッコリ。
別にすぐに飲みたいというわけではなかったのだけれど。
なんとなくお守り代わりにしたくって。

そしてついに昨日!術後初、じつに4ヶ月ぶりに飲んじゃいました。
何回あんねん!な快気祝いと称して。

血糖値のこともあるし、度数も控えなきゃと思い
焼酎の水割りをちびり、ちびり。ちびり、ちびり。
2〜3時間かけて1杯を。
その間に5倍くらいお水を飲んで薄めながら。

ふんわり懐かしい酔い心地にテンションあがるね美味しいね。
悪友がもうやめとけとセーブしてくれなかったら
もう1杯ぐらい飲んでいたかも。あぶなかった。

…帰宅後…
いつも食後に張りつくような違和感のある左背面(たぶん膵臓あたり)に…
軽くしびれた感覚が。にゃーヽ(;´Д`)ノなんだこれは!
どきどきしながら寝たら、朝には直っていてひと安心。

でも怖いので、お酒はやっぱりとうぶんやめておこう。そうしよう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。