So-net無料ブログ作成

アルコホリック [食事]

なにかの治療薬ではございません。
中毒でもございませんが…
そう、アルコール=お酒。

膵頭十二指腸をうけるにあたり
もうお酒を飲めなくなるかもしれないと
ぐりぐり検索しまくっていた…
あれは確か2年ほど前。(遠い目)

術後5ヶ月ぐらいで少量ならと
お酒解禁となり
おそるおそる、ちびりちびり。

あるいは同じ手術をされかた方の酒量に
「飲ーみーすーぎーでーはーーー???」と
びっくりしていたのも記憶に新しい。

そして現在、あえてカウントするならば術後約1年6ヶ月。

もはや。酒量は術前の量にまで回復。
ビールはあまり好きではないので
焼酎、日本酒、ワインを中心に。
最初は3杯も飲んじゃったぜぃとびびってたら
気づけば5杯の日もあり、
はては10杯以上も飲んじゃったり。
ワインボトルひとり1本あいてるやーんとか。(>_<)

もちろん昔のように毎日ではなく
2〜3週間に一回やらかす感じではあるけれど。

それにより体調が悪くなることもなく…。
いちおうは飲み過ぎたら
翌日からひたすらノンアルコール。

ずいぶん前に1度だけ肝機能が少しあがった程度で
いまは正常値というかむしろ低め。
アミラーゼは術前からだけど相変わらずの低空飛行。

内臓機能的にどうなのかしらと思いつつ。
酒飲み仲間が多いと…ラビリンス。ぐるぐる。

切除しても、ある程度の機能は回復するのかしら。
人間ってすごい!(過信)

ディナゲスト(番外編・婦人科) [子宮・卵巣]

卵巣チョコの治療でディナゲストを服用して約4ヶ月。
2ヶ月目の診察で誤差レベルの効果しか見られず、
子宮内膜増殖症も再び不穏な空気をかもしていた一瞬…
卵巣も子宮も一緒に処置(卵巣オペ&内膜掻爬)したほうが
いいかもな雰囲気に(´・ω・`)…。

結局、内膜に異常がなかったので
愛想笑いで卵巣オペも回避してしばし様子見に。
薬を変えるという話もちらりと出つつせっかくからだが慣れてきたしで
やっぱり愛想笑いでディナゲスト継続。

心配していた副作用について、
しんどかったのは最初の2〜3週間だけ。
(頭痛・下腹部痛・胸のはりなど体調絶不調)
術後の絶不調期を体感したあとだったので
健康体でスタートしてたら
気分的にもっとしんどかっただろうなという気も。

25日目と70日目あたりに生理レベルの出血あり。
それ以外は血の混じった茶色いおりものがずっと続く。
微妙に増えたり、減ったり。
ここ一ヶ月ぐらいは出血とまる日も増えてくる。

このまま続けると、さらにからだが慣れて
おりものレベルの不正出血もとまるのかしら?

ひとまずからだには合っているようなので
次の診察は9月末なので小さくなってるといいなぁ。

余談だけど、左背中の鈍痛はあいかわらず。
激しい痛みではないけどPDの後遺症なのかしら。
これもあるひと、ないひとわかれる人体の不思議。