So-net無料ブログ作成

まつりのはてに [日々]

ひさびさに診察。今回は3ヵ月ぶり糖尿科。
暴飲暴食…というか、大酒にて失敗のち背中が痛くて
ちょっとどきどきしていたのだけど
血液検査の数値を見てひとまず安心。
膵臓も肝臓も大丈夫そう。(背中は痛いけど)

血糖値は…落ち着いていた前回5.8よりもアップ。
ぎりぎり高値な6.2ヽ(;´Д`)ノ

前回はおやつで甘い物を食べてはいたけど週一くらい。
今回は2日に一回ほどの糖質まつり…。
アイスとか羊羹とかロールケーキとか
チーズケーキとかかっぱえ☆せんとかとかとか。
思い当たるふしがありすぎるくらい
糖質をとりまくったので致し方なし。

術後の高血糖以来の受診なのだけど
糖尿じゃないかもねとおっしゃってたけど
やっぱり血筋は争えない?
確実に血糖値があがりやすい体質=糖尿体質だよね。

で、反省しておやつをやめてまだ一週間もたたないけど…
せっかく55〜56kgキープした体重が減ってきたよ。ヽ(;´Д`)ノ
違うものでカロリーを摂取しないと普段のごはんでは少ないみたい。

ちなみに今回は、筋肉量や脂肪などの体組成も測定。
なんと極端に脂肪が少ないらしい。
私としては大量におやつを食べたので脂肪が増えたと思っていたけど
糖質では脂肪は増えないのか…(・・?)
コレステロール値などは正常なのでやっぱりネックは糖質。

糖質まつりやめてたんぱく質まつりに切替えなくては。

現在の体脂肪率19.9% 内臓脂肪は33.3cm2(基準値100だそう)
術前は体脂肪30%越えの脂肪肝だった私なのに。
でもね、でもね、現在、おなかはぷよってる。

その証拠に…いろいろと低いながらも標準枠なのに
肥満診断のウエストヒップ比というとこだけ肥満のマーク。w

まつりのはてに得たものは血糖Highとぷよ肉だった模様。
もはやあとのまつりか…。腹筋あるのみか…。

おくすりポーチ [日々]

おうちではおくすりカクテル
外出先ではおくすりポーチが活躍。

私は数が少ないので小さいポーチに
数日分をテキトーにつめて携帯。

手頃なサイズのがなかったので
お菓子が入っていたこんな袋に約1年。
_1140782.JPG

そしてついにヽ(´ー`)ノ
理想のプチサイズポーチが私のもとに。
_1140783.JPG

2号りんごちゃん作♡

入院中に自作の素敵なケースやポーチを
使っていたりんごちゃんの手技をみこんで。
お願いしてた。言ってみるものですな。ふふふ。
おまけ?で棒針でネックウォーマーも編んでくれました。

ありがとう。めちゃうれしい♪大事につかうね〜♪

ちょっとしたことだけど、
お気に入りのものや素敵と思えるものをそばにおく。
ずっとつきあっていくことならなおさら。

こころのもちようかな。

みぞおち痛の謎 [経緯]

とくに膵臓がからみの疾患に多いと思うのだけど
病気発覚以前に、みぞおち痛を訴えたことのある方。
いろんなブログで見かける。

私も数年前に激しいみぞおち痛を経験したなぁと
昨年のしまうま診断時に思ってた。
いつだったか忘れてたのだけど
以前のブログで記事を発見。
2007年11月中旬の出来事でした。

まさにひづめの音を聞いたらまず馬を疑え!
おきまりの胃カメラのんで異常なし。そのうち治癒。

ここまで激しい症状は
後にも先にもこの一回だけだったけど。
このときに腫瘍が生まれたのかなぁなんてふと。

まぁ、もし膵臓に疑いがむけられていたとしても
生まれたての腫瘍は見つからなかっただろうけど。

追記:
なぜそう思ったかというと、私の腫瘍は約1.2cm。
最初にI先生にお見立ていただいたさいに
大きさからして4〜5年かけて育ったのかもねとのお言葉があったから。

--------過去ブログ日記より--------

「カメラデビュー前夜」

日曜日の夜中にそれは突然やってきました。

おなかがぴーひゃら、うえからケロケロ。
しかも一晩中ずっとトイレの住人です。
死ぬかと思いました。いやまじで。

病院の先生も食あたりか、何かだろうと
通り一遍の薬を処方してくださり
いちおう痛み止めも出してくれたのだけど。

やっぱり痛みは治まらず。痛み止めの効果も皆無。
みぞおちのあたりがキューッと30分~1時間に一回
数十秒間痛みだす。しくしくしく。

こんな調子ですでに丸2日間。
人間の内臓に、こんなに痛みが続いて大丈夫なのか?

あんまりなので再び病院へ。
「死ぬほど痛いです」
「薬も効きません」 
「熱はないです」
「痛みによる以外は気分も悪くないです」
「ふつーに食欲はあります」笑

なんだか微妙な症状です。
とりあえず、明日、胃カメラを飲むことになりました。

おえってなるんだろうなー。いやだなー。
それだけが怖い。こわい。   (11/27…368文字)