So-net無料ブログ作成
検索選択

しまうまなご縁 [日々]

いつも読んでくださっている方、直接コメントをくださる方。
同病の方、同じ術式の方、ご家族の方。
いろんな方と交流&情報交換ができるなんて
ブログをはじめたときは思ってもいなかったのだけれど。

ご縁て不思議なもので。

先日は旅の途中で偶然が重なって、
初対面なビギナー(笑)しまうま“うに”さんのお見舞いへ。
気づけば東京の築地に降りたっていたのもお導き。

“うに”さんが来週手術します!とメールをくださったのが12月上旬。
術前術後とやりとりをしながら、
お互いこんなに早く会えるなんて思ってもいなかったのだけれど。

初対面でお見舞い、
しかも術後2週間なので迷惑かしらと思いつつオファー。
快諾いただいたのでヽ(´ー`)ノ
厚かましくも、先輩風ふかせて(笑)陣中見舞い。

ハプニングもありながら
順調に回復されている姿にほっとひと安心。
そして“うに”さんも同室さんに恵まれて
心強い闘病ライフが過ごせていたのがなによりで。

病気のことや経過のこと、今後のことなどなど、
初対面とは思えないほどおしゃべり弾む。弾む。
弾みすぎて…うっかり2時間近く滞在してしまいました。
疲れさせてごめんなさい。m( _ _ )m

途中ガーゼ交換で先生がいらっしゃって
お腹の傷を見せてもらったりして。(見せあいっこはお約束w)
ドレーンの数や場所、処置も違うのにびっくり。
「へぇ〜病院によって違うのですね。私はそんなのなかった!体型もあるの?」
とかなんとか、よその先生相手にうっかり取材モードにはいりかけ。^^;

曰く、病院というより術者(執刀医)によって
同じ手術でも術式やドレーンの数などいろいろ違うようです。
はい、どうでもよい知識がまたひとつ中途半端に増えました。笑

“うに”さんに元同室さんも紹介していただき
次の再会を楽しみに私は夜の築地へふらふらと。

痛みがいろいろマシになって食事が大変な時期だと思うけれど
数ヶ月後の“うに”さんは、いまの私です。^^♪
自分の治癒力を信じて、焦らずゆっくり回復してくださいね。

“うに”さんより2日早くオペされた◎◎◎◎さんも。
一日も早い回復をお祈りしています。

ご本人はもちろん、
ご家族や友人に変わってコメントくださった方たちも。
読んでくださっている方がたにも。

リアルでは
入院中に出会った1号あいちゃんや2号りんごちゃん、
登場したことないけど
しまうまな3号こりくちゃんもいたりして。
退院後の患者会であの方、この方と出会えたり。

病気にならなければ出会うことのなかった方と、
つぎつぎとご縁がつながっていく。このご縁を大切に。

私はいままでに出会ったすべての方のおかげで
昨年の今ごろとは違う心境で、しまうまな新年を迎えます。

今年も一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

少し早いですが、みなさまよいお年をお迎えください。

初フライト [日々]

手術であちこち内臓をきってつないでたりすると
気圧の変化に耐えられないんじゃないかしら。
飛行機にのっても大丈夫かしら。

おまけに胆管狭窄でチューブささってるし。
気圧の変化に…以下同文。

なんてことを先生にずっと聞きたかったけど
おばかな質問すぎて聞けずじまいで早10ヶ月。。。

ついに本日、意を決して
術後初の飛行機にのりました(^^)/
無事です!←当然。笑

じつのところ術後どれくらいで飛行機大丈夫なのかしら。
誰かご存じのかたいませんか?

体調のこと(番外編・婦人科) [子宮・卵巣]

P-NETとはまったく関係がないのだけど、
女性としてはどの年齢でも気になるのが婦人科系疾患。

大きな手術をしたら体調がおかしくなると言うけれど
私の場合はカラダがびっくりしたのか
生理がかなり早まり術後4日目ぐらいにやってきた。
(逆に止まってしまう人もいるよう)

術後の痛みと闘いながらなので
かんべんしてくれよーと思った記憶が。

以来、通常サイクルに戻っていたのだけど
そんな中で不正出血があったらちょっと心配。

生理痛特有の腹部の鈍痛はあるけど
それ以外はとくに自覚症状らしきものはない。
(いえ、出血してますけどね^^;)

痛みがないのでのほほんとしてたのだけど
とり急ぎ婦人科へとのアドバイスをいただき
さっそく診察へいったらば…
エコーによると(;¬_¬)左の卵巣が3cmほど腫れているらしい。

12/4に外科で撮ったCTもチェックしてくれたのだけど
すでにそこでも腫れが(3月のCTでは腫れていない)。
奥の細胞診もしてもらいつつ
経過観察範囲内のサイズなのでひとまず様子見…

手術以降、
風邪以外はすべての科を同病院にひとまとめ作戦なので
検査結果などに互換性(笑)があり、やっぱり便利ですなぁ。

(閑話休題)

経緯memo
12/3ごろ生理が終わる→12/8ごろ茶色いおりものに気づく
12/12に不正出血(量は多め)
12/13からはライナーではもたないけどナプキンならOKの量に。
6日目の今日はライナーでもいける量まで減ったので。
とりあえず出血は終了しそう。

生理だから卵巣が腫れるとかはないと言っていた気がするが。
なんでしょー、なんなのでしょー。
それまで生理痛特有の腹部の重たい感じだけだったのに
腫れてると言われてから…なんか左側が痛い気がしてきた。
(わかりやすく単純な私^^;)

しかしアドバイスのおかげで原因解明できそうです。
ありがとうございました。^^

その前は人間ドックでマンモにひっかかり乳腺外科も受診済み。
とくに問題がなかったのだけど、こちらも経過観察。

大げさでも、保険の無駄使いと思われても
症状があるときは自己判断ではなく
医師に相談が一番なのねと改めてそう思う今日このごろ。

とくに痛みがないと…忙しくて後回しにしてしまいがちだけど
みなさんも無理なさらず先生に診てもらってくださいね。

体調のこと(術後約10ヵ月) [体調]

もはや術後というには日数が経ちすぎているけれど。
いろんな状況にはすっかり慣れっこな日々。

血糖値を気にしてるといいながらもりもり食べるし、
(糖尿科受診日がもうすぐなので怒られるかも…^^;)
たまーの外食時にはちびちび飲酒もしてる。(基本一杯のみ)

体重はがんばっても一時的に2〜3kg増えては戻るの繰り返し。
それでも気持ち500gぐらいは増えたかな。52kg前後な状況。

そうそう、先月だったか
効果のほどがまったくわからないので
タケプロン、ウルソ、ベリチウムの服用を
お試しで(勝手に(笑))辞めてみた。

そしたら5日後の診察で…
肝臓の数値に(Hマーク)がヽ(;´Д`)ノ
極端に上がってはいなかったけれど、手術直後以外は
どんだけ飲酒しても上がったことのなかった鉄壁の肝臓が…。

たまたま1日おきにお酒も飲んでいた+
(;¬_¬)ウルソか、ウルソなのか。
ということでびびってその後、一ヵ月完全断酒。
以来、ウルソはきちんと飲んでいる。
原因は定かではないけど数値は平常に戻ったのでよし。

ここ一ヵ月は胃痛が多い。中央ではなくて左側。
食後だけでなく普段も背中の痛みが多くなったのだけど原因不明。
先日術後(たぶん)初のCT結果も異常なし。
でもやっぱり背中は痛いのだけど…肩こりから?!?

さらにチューブ抜去後の残存感とともに…
やっぱり奥のほうにも謎の痛みが
深呼吸やあくびのたびに。へのへのもへじ。
癒着もあるだろうから直っていく段階では仕方ないらしい。

そして…昨日は朝から不正出血がありびっくり!
2〜3日前からおりものが茶色いなとは思っていたのだけれど
…しかし今日も鮮血…あれ?もしかしてこれ普通に生理だ。
1週間ほど前に終わったばかりなのに。謎。

なんならその前の一ヵ月は生理がこなかったので
つじつまは合ってくるけど、そういう問題ではない。はい。
婦人科検診は3ヵ月前にすんだばかりなので少し様子見。

あとは術後から頭髪の抜け毛が驚くほど多くなって悩みどころ。
視力もぐんと落ちた。
栄養が足りていないのかなぁ。(;¬_¬)加齢のせいかなぁ。

あちこち気になることが多いけれど、
基本は元気に遊び歩いてるんだけどね。笑

血統書つき [日々]

遺伝によるものか、生活環境や習慣によるものか。
実際のところ癌がどこまで遺伝するのかは不明だけれども。

ずっと一緒に暮らしていなくても
(=同じ環境&食習慣ではなくても)がん闘病数珠つなぎ。
父の最初のがんはたしか40代後半(後60代、70代で別の腫瘍&がん)、
兄は30代後半、母は60代後半と少し遅いのだけど…。
いずれにしても細胞が癌化しやすい家系なのかと
ずっと気をつけていた結果、現在に至るわけだけれども。

…残念なことに我が家は糖尿家系というオプション付き。

父は胃切除&暴飲暴食しなかったので糖尿はでなかったよう。
兄は薬を飲んでいたけど、胃を全摘したので糖尿も直ったみたい。
(かなり高かったようだけど、ケガの巧妙か???)
母はインスリンを拒否して、薬だけ飲み続けている。

私自身も昨年P-NET発見にいたった人間ドックにて
空腹時175、HbA1c(NGSP値)7.0の高値をマーク!
さすがに自分でもびっくり(>_<)はれて血糖書つきに。

それまでもここ数年、空腹時はあがってきていたし
家系があるならもうあかんよ、あかんよ
とは言われていたのだけれど…危機感ゼロ。
P-NETによる膵管拡張が関係していたのかは不明だけれど
まわりがみんな飲んだくれな類友方程式にて夜遊び飲酒し放題。
明らかに食生活も後押ししている。いまさら反省。(^^;)

膵臓切除後はさすがに心を入れ替え、ゆるゆる糖質オフライフ。
●野菜(食物繊維)から食べて、できるだけ炭水化物は後回し。
●炭水化物を減らす。(←おかずなしでもOKなくらい、白ご飯大好きだった)
●にんじん、コーン、芋類など糖質の多い食品を極力食べなくなった。
●おやつが食べたいときは自分でつくる。(砂糖を極力カット)
●たまにお菓子をかうときは炭水化物&糖質量をがん見。
 (でもどうしても食べたいものは見て見ぬふりをするw)
●グラノーラは甘すぎるのでミューズリー派に。
●パンや粉類は全粒粉ものが多くなった。

などなど。夜遊びが減ったぶんヒマになったので
低GI値ダイエットなんてのも流行っていた流れか?
ぐぐると食品の糖質量がわかるので一時期研究してみたり、
自分であれこれ作るのにもハマっていたりする。結構楽しい。

おからでおやつはよくつくるかも。あんこも現在、研究中。
いやいや、その前におやつを食べなければよい話なのだけど。
そもそもおやつの習慣も術後に分割食推奨の流れからで
しっかり量を食べられるようになった今は
食べないにこしたことないのだけど。習慣て怖いね。滝汗

ちなみに9月ごろまでは
規則正しい食生活にプラスおやつもあまり食べられなかったので
空腹時102、HbA1c(NGSP値)5.8に。ヽ(´ー`)ノ

そしてあまりにも体重が増えないので
量を食べられるようになったのをいいことに炭水化物まつり決行!
勉強した結果、持論では太るには血糖値を上げるに限る!)
おまけに芋けんぴにもハマってえらい食べたためか…
10/25の時点で、
空腹時124、HbA1c(NGSP値)6.1に。(;´Д`)

ちなみに体重は増えず、血糖値をあげただけに終わったノーベンバー。orz

で…現在はというと
ストレスなのか過食気味で気がついたらずっと何かを食べている。
来週、3ヵ月ぶりに糖尿科の受診があるのだけれど。結構どきどき。

糖尿科の先生が
術後しばらくして時前のインスリン分泌量を調べてくださったのだけど
数値はいちおう大丈夫な範囲とはおっしゃっていた。
にしても血統に加え、膵臓切除で機能もダウンしやすいかと想像。
後は私の努力次第なのか。

そうやってブログを書きながら…もぐもぐ食べていますが…なにか?

術後の謎の痛み [手術]

ひさびさに思い出したネタ。

術後数日たったある日
ふと左脇腹とおへその中間あたりの
へんな痛みに気がついた。
たしか打ち身のような痛みだった気が。

切腹は中央だし、内臓切除は左側関係ないし
PTCDチューブ肝臓も右側だし。
なにこれ…とちょっと不安に思いK先生に質問してみたら…。

うーんとちょっと首をかしげつつ。
手術中、開腹部分を器械で広げるのでその痛みでしょう」
とのこと。へぇ〜!へぇ〜!へぇ〜!

確かに何時間も腹部を広げての手術には器械が必要だよね。
と思うと同時に
妄想したのが切腹部分を先生方の手で広げているところ。

医師A「B先生、そこもうちょっと広げてください」
医師B「A先生、ちょっと待って、手がしびれてきたから一回放していい?」
医師A「B先生あと少しだからがんばって!
    あ、左手で内臓が見えないのでちょい上にしてください」

とかなんとか。
密かに、ひとりそんなことを妄想しながら
くくくっと笑っては、
傷口に響くダメージに“うっふ”となっていたなぁ。(遠い目)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。