So-net無料ブログ作成

内臓のおしごと②胃(幽門) [手術]

昨日、2号りんごちゃんとのおしゃべりアフター。
そうそうと思った話から内臓のおしごとをぐぐってみた。
今回は幽門。

私は膵頭十二指腸切除術で幽門も一緒に切除。

で、現在…
最近、人並みに量が食べられるようになったので
体重&体力回復にと外食時はがんばって食べる。
家ごはんだと食べない量をだらだら食べる。
人といるから食欲も増すのでやっぱり食べる。

すると1時間もたたずにお腹が痛くなる。
ガスがたまったようなきゅーっとした痛み。
しかも胃の中ではなくあきらかに腸。

もちろん…その場で出すわけにはいかない。
たまる。きゅー。出さない。たまる。きゅー。
ぁあ、リフレインが止まらない。

タイミングを見ながらトイレにいくも…
息抜きならぬガス抜きか¥(//∇//)¥
お腹をくだしたりしてるわけでもなく
相変わらずガスが発生し続けている感じ。
しかもお腹はぱんぱんだけど胃はからに近い感覚。

普通なら食べると胃→十二指腸→腸の流れだけれど
幽門や十二指腸を切除したから
胃からダイレクトに腸に流れ込んでるよね!だよねー!と
2号りんごちゃんと和気藹々と意気投合。


そのときの私の想像は、
胃の出口(幽門)は普通、少し持ち上がっているので
手前にちょっと食物がたまる部分があり、
たまっている間に消化促進。

でも幽門切除でだらんとなって“たまる”部分がなくなり、
しかも十二指腸もないので消化しきれないまま腸へ。
腸で炭水化物あたりからガスが発生しているのかも…とかなんとか。


はい、微妙に違った。幽門の役割。
“たまり”をつくるためにあるのではなく、正解は幽門=蛇口。


食べたものが
胃の中でゆっくりと数時間かけて粥状にされる間、
幽門はしっかり閉じているらしい。
粥状になったらちょろちょろと十二指腸へ送り出し
そこで本格的に消化、そして腸でダメおし消化&吸収。へぇー。
まさに蛇口のおしごとこなしてる。


そしてここからは私の妄想50%ぐらいプラス。

蛇口をとっぱらっちゃったとはいえ、
胃そのものはほとんどあるので
食べるスピードやものによって
全粥〜3分粥くらいまでは消化されているはず。

ゆえに家にいるときはそんなに量を食べないため
消化未消化分あわせて流れていくので
腸がぱんぱんになることはない。

でも外だと食べ過ぎる。
ただでさえ腸へダイレクトに流れる食べ物が
次々と胃に入って消化不良のままぎゅうぎゅう押され。
腸で満員御礼。がんばって消化する過程でガスがぞくぞく発生。
きゅーっ。とまぁこんな感じかしら。

胃切除によるダンピング症状(詳細は割愛)
というのもあるらしいけど、そこまではいかないかな?

腸内環境にも原因はあるかとは思うのだけれども。
それはまた別のお話。

今回は、胃の出口に蛇口がついていたことが
わかっただけでも、もうけも…ん?


画像は拾いものだけどパロディ蛇口。
普通食べ過ぎた胃はこんな状況になるんだろうね。くすくす。

蛇口1.jpg蛇口2.jpg



中外製薬 胃のおはなし
http://chugai-pharm.info/hc/ss/medicine/karada/karada013.html
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

くちかずこ

写真、笑える!
よく見つけてきたねえ、拍手!!!
知らない間に急に!二つも日記が!!!!!
長崎だったんですね。
来週、くちこ夫婦も長崎、二泊三日ですよ。
またブログで詳細を載せますね。
軍艦島までなんて、凄い体力、尊敬。
くちこは、のんびりマイカーで夫の運転、多分、慣れた場所だけになりそうです。
胃の働きのイメージ、確かにねえ。。。
くちこは、元々、しっかり噛まないと飲み込めないタイプだったので、食べるのが遅い、今は、もっとスピードダウンしたかな。
そのせいか、お腹が張ったりとかは、ずっとじっと座っている時以外は無いかな。
食べた後の胃重感も若干軽減してきました。
いろいろ無くても消化している体って健気に頑張っているなあと、いつも思います。
やっぱり、くちこの宿題は、今は精神面ですね。
それも、少しずつ落ち着いています。
ついつい焦ってしまうけれど、今を有り難いと思わないとね。
奇しくも、今日でちょうどオペ後半年です。
半年前を思えば、超天国ですよね。
ベットに縛られて機械に囲まれていましたから。
by くちかずこ (2013-10-11 08:45) 

myu

くちこさん
写真は以前、ツイ友(ツイッター)さんに教えてもらったネタです。
笑えますよね〜。よくこんなものを作ったなぁと。
内臓の働きはかなり妄想が入っていますが、
実際のところどうなっているのか
好奇心もこみでレクチャー受けたいくらいです。
病院側もそういう冊子を作ってくれたらいいのになぁ。

くちこさんは、今頃ごろ長崎の夜を楽しんでるころでしょうか。
気晴らしできてますか〜?
鬱々とした気持ちも外にでると一瞬でも忘れられますよね。
by myu (2013-10-15 23:10) 

くちかずこ

貴女のブログの話、月曜日に、主治医に聞いて来ましたよ。
幽門も切除する亜全胃温存術と、幽門を残す亜全胃温存術、ほぼ半々だそうです。
症例の多い病院は幽門切除が多い気がするが、正確にどちらが多いかは微妙でよく分からないとのこと。
幽門の残すメリットは、食べ物がちゃんと胃に留まるからだそうですが、逆に、留まりすぎて流れない弊害があまりに多いため、幽門切除に流れが変わったとのこと。
幽門が無い為に、どんどん食べた物が通過して下痢してしまう人も体質的に?発生していまうらしいです。
血液データ的に、栄養失調になっていなければ、幽門を取るほうが後が良いとのことでした。
で、くちこは栄養失調になっていないので大丈夫、と。
下痢もしないし、不消化便も無いのでね。
でも、昨日は外食で食べ過ぎてしんどかったです。
出先で、勢いでご飯をおかわりしてしまい、ランチセットとともに完食してねえ・・・反省中。
超音波検査は無事でした、そして、彼がコストを取り忘れたのか、支払いはなんと、410円。
処方もあったのですが。
by くちかずこ (2013-10-30 09:05) 

myu

くちこさん
ご丁寧にありがとうございます。

そうそう、幽門は残すという話もありましたが
たぶん先生がたのミーティングの結果、
切除に切り替わったようです。
溜まりすぎて流れないとの話は驚きです。

私は下痢にはならず(少しゆるめですが)腸にたまる感覚^^;
体質によっていろいろですね。

しかし、くちこさん!
ご飯おかわりとは、かなりの強者です。見習わねば。
検査も無事でよかったですね。超音波は安いのでしょうか?
by myu (2013-10-31 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0